Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳事情。

前から何度か書こうと思っていた、私の母乳育児の話。
今日、やっとおもいきってup~。(今日は長いよー。)

ラッキーなことに、ぱりすは母乳で育てることができました。

そう、”できました・・・”
ってことは、もう過去形。

2ヵ月半と少し続けた母乳をストップしてから
今日で10日目になります。

実は、明日の日曜日から仕事復帰をすることになったのです。
その前に母乳を止めようって前から考えていたので
ちょうど、日本の家族が来ている最中にストップすることに。

って言うのはね、出まくっている母乳をいきなりやめると
胸がハンパなく痛くなるヨーっ!と噂で聞いていたから。

家族が来ている楽しい時間ならそんな痛みも忘れるかな?
っていう私の甘い考えで。でも、実際は想像以上だった~。涙

ちょうど、私の産後6週目の健診があった時
OB/GYNのDrに母乳を止めるコトについて相談したんですね。

その日は、産後の避妊方法についても話す予定で。
ちなみに、懲りずに私は今回もDepo shotを打ったのですけど。

Dr曰く、Depo shotを打った後は、母乳の出が悪くなるということと
母乳を止める時のアドバイスをいくつかもらいました。それは。。。

①止めると決めたら、完璧にやめること。
今日は2回、明日は1回あげて~とかではなく、今日から0!と割り切るコト。
②きつめのスポーツブラを着用すること。
③ベナドリルを飲むとラクになるかも?
④熱いシャワーはおっぱいの出をよくするので、冷たいシャワーを浴びるコト。

っで、全部試してみたけど。
やっぱり、体って正直なんだねぇ。

ぱりすがエ~ン!と泣けば、両胸がチクチク痛むし
母乳がポタポタ…、今も右側だけ現在進行形だし。笑

あかちゃんを母乳で育てようとする自然な体の作用と
無理矢理に母乳をストップさせたいという私との闘いは
思っていた以上につらかったです。

本当はいけないんだろうけど、強い痛み止めの薬も飲んだし。
胸が気になるから、イライラしたり、疲れやすかったことも。。。

家族がいてくれたから、しんどい話を聞いてもらえたり
気がまぎれて楽しい時間に集中できて本当にありがたかったけど。

母乳を止めるのって、カナリ大変なんだねぇ。

もちろん、本当なら職場で搾乳してでも
せめて6ヶ月くらいまで続けたかったけど。

どう考えても、今の職場では搾乳なんてしてる時間はないし
きっと、搾乳している間に患者さんから呼び出しが3回はかかるはず。笑

思い起こせば、季音の時は、母乳が出なくてたくさん泣いたし
フォーミュラで育てているコトにギルティーを感じたりしてたけど

逆に、ぱりすの時は、母乳が出たからおっぱいトラブルで泣いたり、
いざ、やめたら痛みが強すぎて眠れなかったり。 と。

母乳にはトコトン泣かされ続けたなぁ。
私と母乳の相性が良くないのかも?ナーンテ

だから、子どもが離乳をするまで母乳で育てている
世界中のお母さんを私は心から尊敬する~っ!!!本当にスゴイよー!

そうそう、余談ですけどね。
ぱりすを出産して、2日目だったかな?

病院の母乳指導のナースが私の病室へ来て
いろんなお話をしてくれたんですが。

彼女、私の話を詳しく聞かずに ひたすら
 
「ぜ~ったいに、お水もフォーミュラも足さないこと!よ。
仕事復帰をしたら、搾乳してでも母乳は続けなさいね。」

って。
何回、Neverって言ったかな?彼女?笑

いやいやいや・・・で、す、か、ら~、私の職場は忙しいので
母乳を続けたくても搾乳する時間なんてないんですよー。

と私がいくら説明をしても

「搾乳する時間くらい取れるでしょ?
母乳は絶対にやめちゃダメよー!!」

って。

こういう医療従事者っているよねぇ?
患者さんのことを総合的に理解せずして
知識がある自分の意見は正しいと、どこまでも押し通す人。

私の続けたくても続けられない母親の気持ちって
こういう人には理解してもらえないんだなーと。

母乳が何にも勝って一番なことはよくわかっている。
免疫面だけじゃなくて、スキンシップの意味でも
あかちゃんに母乳を与える大切さだってよく知っている。

母親の私が母乳をやめることに罪悪感を
感じてないとでも思っているんだろうか。

だから、私は彼女に何も言い返さなかったけどさー。
なんか悲しかったなー。私の仕事の何ミリ分を彼女は知っているのだろう?

まっ、というわけで。
ぱりすくんは完全フォーミュラっこに切り替わりまして
夜中も7時間くらいぶっ続けで寝てくれる、本当に良いこチャンです。

これで安心して夫にぱりすを預けて
私は患者さんたちのお世話ができるわ。 

ダディを夜間、たっぷり眠らせてあげてね。
そして、朝にはママがぎゅうっていっぱい抱っこしてあげるから。


                        SPC.jpg

最近、スリングで抱っこしないと寝てくれないぱりす。

抱っこした時に、私の胸が自分の顔の近くにあると
すぐに反応しておっぱいを吸いたがる、ちゅっ、ちゅっ!っていう
行動をすでにしなくなったぱりすクン・・・。な~んか、寂しいわー。

止めたくてやめたはずなのに。
勝手なもんだね、ママは。

夜中だって30分起きにあげていた、
新生児の頃がもうすでに懐かしいよー。

おっぱいをあげる母親としての喜びを教えてくれて
本当にありがとうね、ぱりす!感謝してます。

スポンサーサイト

くわばたさんのママブログが好き♪

いろんなママブログへ遊びに行くんですけどね。

その中でも、くわばたりえサンの子育てブログが大好きな私。
興味のある方はどうぞ↓ 芸能人のアメーバブログね。


「やせる思い」


最初に彼女を知ったのは、日本でTVを見た時だけど
私も彼女と同じ時期に妊娠中だったので
勝手に親近感を持っていたんだよね~。

っで、その後。
産後に彼女の美しくやせた姿を見たり、
息子さんと一緒に撮った素敵な写真(ヌードっていうの?)
を見て、はぁ~!くわばたサンってキレイねーっとウットリ。

っで、彼女のブログを読んで、
さらに彼女のコトが大好きになっちゃった♪

りえサンは同じ男の子のママだし、同年代だからってのもあるけど
彼女の場合、子育てについて飾り立てたキレイごとばかりを
並べるんじゃなく、常に自然で、自分と他人に正直だってコト。

息子さんにイライラっときて、怒鳴ったコト、叩いたこと、
いっぱい泣いたこと、落ち込んだこと、自分はダメだと責めたコト。

そういう、ママのネガティブな面、
子育ての中で経験する、他人には教えたくない、話したくない
ような内容もすべて書いてあるんだよね、素直に。

だけど、息子さん(ブログの中では”隊長”って呼んでるんだけど。笑)
のこと、世界一愛してて、かわいい!って抱きしめているんだよね。

それに、彼女はTVや本などのお仕事もがんばっているし
子育てママのためにママの会を開催されたり。。。

本当にキラキラしているし、
彼女は心が美しいママだと思う。

ママの仕事って楽しいことばっかじゃないし
はっきり言って、しんどいことが多いよね。

だから、子育てについてきれいごとや、
理想論なんて言われると、すごく腹タツの。私。笑
たまにいるじゃない?そういうヒト

ママ業ってさ、他にも夫の世話や、買い物、家事、もろもろ。
ママはやることがいーっぱいあるから。

ママにも祝日くれ~っ!!!
本気で私も思うよ。

24時間、週7日、休みナシでたまに残業アリ。笑
その割にはあまり褒められない。自給もないしっ!笑

たまにはズルさせてよ、
たまには怠け者させてよ、
たまには文句言わせてー!

そんな自分の悪魔な部分でさえもりえさんのブログを読んでいると
”私だけじゃないんだ、明日もがんばろうぜぃ!”って思えるし
息子のことがまたさらに、愛おしく感じるんだよね、不思議と。

りえさんのブログ、きっと子どもがいない人も共感できるって思う。
同じ女性だから、ウンウンって頷けるハズ。

それにさー。
りえさんのお父さんがよくブログに出てくるんだけど(ネコのなっちゃんも一緒に)
それがカナリおもしろいの。っていうか、じぃじは、かわいすぎるのよ~。

りえさんの産後の話にはウケたわ。
じぃじ・・・いい味を出しております。

大阪の典型的なオッチャンってカンジで、。
じぃじ、Loveな私。笑

ってことで。
りえさんのブログは本当にオススメです。

最近のだと”しんどいよな”は
カナリ心にジーンと響きました、ワタシ。 → 
しんどいよな

私もりえさんみたいに、100点なママを目指すんじゃなくて
0点なママにならんように、がんばりすぎないようにがんばりたいって思う。

りえさん、本当にアリガトウ☆
アナタのブログに救われ、毎日充電できているよー、私。

しかし、りえさんの隊長(息子さん)
めちゃめちゃCuteだわーっ☆

言葉の話。

さっそく、前回の報告です。

結論から言っちゃいますが・・・。

季音くんの言葉の発達に問題はありませんでした~。
パンパカパ~ン!

もちろん、他の19ヶ月児の子どもとくらべて
言葉に多少遅れがあることは事実ですけども
”今後のフォローやセラピーの必要はないです!”

っと、嬉しい言葉を担当の方からいただきました。

あーぁ、ほっとした~。

夫も私も心から安心している次第です。ハイ。

さてさて。
この言葉のテスト当日。

サービスコーディネイターと呼ばれる担当のお姉さん(20代前半か?)
が州の施設から我が家へテストをするためにやって来ました。

このテスト。

子どもの興味をそそるオモチャや本を用いながら
季音の反応や遊び方を観察しつつ、それと同時に
6種類の発達エリアからいくつかの質問が私にされ
それに答えて点数をつけるという仕組みになってました。

質問内容はたくさんあってすべて覚えていないのですが。
たとえば。。。

スプーンやフォークを使ってゴハンを食べますか?
  手伝ってもらわず、それを自分でやりたがりますか?
服の着脱の時、手を伸ばしたり、足をあげたり、体を動かしますか?  
他の子どもに対して関心がありますか?遊ぼうと近寄って行きますか?
早く歩きますか?それとも、走りますか?
積み木を重ねて遊べますか?
親の話すことを理解しますか?例えば、座ろうねっと言ったら
  座るとか、アレを取ってちょうだいっと言ったら取ってくれるとか
  オモチャを片付けようねっと言ったら、一緒に片付けるとか。
お父さんが仕事から帰ってきたら、どんな反応をしますか?
写真を見て、コレがお父さんとか、コレがお母さんってわかりますか?
犬を見て、ワンワンと言ったり、指をさしますか?
汽車や車を見て、どんな反応をしますか?乗り物の音を出しますか?
ママがおもしろい顔をしたら、子どもは笑いますか?真似をしますか?

などなど。
たくさんの質問があったのでほぼ忘れちゃったけど~。

中でも非常に興味深く、おもしろかったのは”Cognitive skills”のテストで
2個のカップを用意して逆さまにし、1つのコップにテニスボールを隠す。
それを子どもに見せ、どっちのカップにボールは隠れているかな?って探すもの。

季音くんは真剣にボールを見て
ちゃ~んと、こっちのカップだよー!って
ボールの隠れているほうを当てていました。 

そういう発達もこの時期の子どもには必要なのかーっと。
こういうのって、遊びの中で経験していくもんだからねぇ~。ほぉっ。

そして。
季音くんのテスト結果は、78点。

これが70点以下だったらフォローが必要とか
セラピーを進められたりするようです。(78はギリギリ?笑)

それでね、”小児科医から自閉症の疑いを指摘されたんだけど?”
って相談をしたところ、このコーディネイターのお姉さんが驚いて

「えーっ?季音が自閉症なわけないでしょ~。
そもそも、今日のテストは自閉症の検査じゃないし
そういうことは精神科医がするものなのよー。」

安心して!って。
どうして小児科医が自閉症の話しを持ち出したのか?彼女にも不明だと。
小児科医の紹介状にもそんなコトは一切書かれてないっていうしー。

それに、彼女の見てきた自閉症の子たちは
まったく視線を合わせないし、他人にも興味がなく
車のタイヤを10分以上ずっとまわし続けたり・・・
 
なので、季音みたいに人の顔をじっと見つめてニコニコしたり
近寄って行って一緒に遊ぼうとする子は自閉症ではないってキッパリと。

えぇ、えぇ。そうデショ?そうでしょう?
ママである私もそう思ってたんだけどサ。
小児科医に言われると、やっぱドキっとしちゃうじゃーん。

ってことで。そこもクリア。
よかった、かなり安心できたゾ。

それから、テスト中になんともミラクルが起こりましたっ!

テスト中に、お姉さんが季音と一緒に絵本を読んでいて

「One、 two、 three、 four、 five...」

っと数えていたら、季音もお姉さんのカウントに合わせて

「One!!」

って言ったの。数えていたよ、シレーっと。
Oneなんて言ってるの、初めて聞いたし。

それに、どういうわけか?
車や動物の絵を見ながら、指をさして

「ベイビィ~。」  ???

って、3回ほど言ってました。
ベイビーって言ってるの、これまた初耳なんですけどぉ?笑

じゃ、これで2語ほど言えるってことになって
10語に増えたじゃん。。。まったく問題ないじゃーん・・・。

って、ちょっとあっけにとられたっていうか。
ビックリ。

子どもの成長ってこんなもんなのかもしれないよね。
親の心配や不安はよそに、子どもって知らないうちに
大きくなるし、確実に成長を遂げているのねぇ。。。

あれだけ言葉のことを心配していたのがウソのよう。

っで、最後にお姉さんから言われました。

「Just give him some time!!」

って。そうだよね。
時間だよね、今の彼に必要なのは。

言葉って、発語よりも”理解”が先に来るものだから
親の話す言葉を理解したら、その次に言葉が出てくるらしい。

子どもの頭の中で言葉が理解されていないと
発語につながらないのね~。

季音の場合、それが2ヵ国語の世界になっているから
彼の中で2種類の言葉をある程度まで理解されないと
口から発する言葉に結びつかないのか・・・なるほど。

お姉さんからそんな話しを聞き
なんともほっとしました。

ってことで。
無事にテストにpassした季音くんですが。

もしも、2歳になっても言葉が増えないとか気になるってこと
だったら、またいつでも連絡してくださいネーってことなので
相談先もわかったことだし、テストをしてヨカッタなって思ってます。

子育てって、こうやって少しずつ子どもと一緒に
親も学んでいくことが大切なのねぇ~って、改めて納得。

カメの歩みでこれからも一歩一歩進んで行こうねっ


         6日

2カ国語を話す子どもの言葉の遅れについて。

タイトル通り、今日は”言葉の遅れ”について。

先月、季音の1歳半健診にて、
担当の小児科Drより

「言葉の発達が遅いため、検査を受けたほうが良いのでは?」

とのアドバイスをいただいてから1ヶ月。

さっそく、州の経営する”Early Intervention System”という
教育センターより、電話とお手紙で連絡が来ました。

センターの担当の方がおっしゃるには
やはり、季音の年齢だと10~20語はしゃべれて
親の指示に従うことができないと”心配するべき子”のワクに入るんだって。

結局、センターの方たちが今週の木曜日に
我が家へやって来て、1時間かけテストをするのだそう。

そこで季音が自閉症かどうか?
をテストすることになるみたい。

しかし、こういう州のサービスって、私たちがセンターへ出向いて
そこでテストなり、カウンセリングなりを受けるのだと思ってた。

家に来るってことは、私たちが家でどんな子育てをしているか?
とか、子育ての環境や、親の様子とかも調べたいのかもしれないよねぇ?

あ~ぁ、なんだか憂鬱だわん。

そこまで深く心配はしてないし、2カ国語を話す子どもは
言葉が遅れがちになる・・・って話はよく聞くことだし~、
季音だけが特別なわけじゃない、だいじょうぶだよっ!!

頭ではわかっていても。
なんだかモヤモヤ。。。
気持ちが落ち着きません。

だってさ。Drに言葉の遅れを指摘された時点で、
なんだか自分の子育ての仕方が間違っているんじゃないか?とか
 
そうは言われていないんだけど、それでも
心のどこかで自分を責めてしまう私がいる。

それでなくても、私は週3回も夜勤をしていて
他のママに比べ、息子と十分な時間を過ごせていないんじゃないかな?って、
仕事が彼にワルイ影響を与えているのでは?って負い目があるっていうのに。

やっぱりこういう時はネガティブになる~。
そして、ちょっぴり悲しい。

夫は・・・と言うと、やっぱり他の子どもにくらべて
言葉の少ない息子にショックを受けているみたいで
セラピーが必要だろうなぁ~なんて言ってる。

季音に毎晩絵本を読んだり、歌を歌ったり、
必死で息子に言葉を教えているんだけど。笑

英語と日本語を話す子どもたち。(英語じゃなくても日本語以外の言語で)
やっぱり言葉の遅れは仕方ないのでしょうか?!

同じように2カ国語を話す子どもを持つママ友や
日本の家族にも相談したけど、みんな声をそろえて

「だいじょうぶ。心配いらないよっ。」

って励ましてくれる。

だけど、もしも自閉症だと診断されたら?
長期で言葉のカウンセリングが必要になったら?

まぁ、でもね。
始まる前から心配しても仕方ないのでね。
開き直って、前向きに考えるしかないか。

大切なのは、私と夫が注ぐ 季音への愛情だよね。
それは底なしに深いよ!と自信はあるし。

何を言われても、すべてを素直に受け入れて
季音のために今の私たちに何ができるのか?

息子の将来のコトを考えて
今は冷静に目の前に起こっていることをみつめよう。

親がへこんで、フツフツしていると
それはきっと子どもにも伝わるって思うから。

私のネガティブな気持ちが季音に届いてはいけない。
それで彼が変なプレッシャーを感じてはいけない。

日本の父が電話口で言ってた。

「マイペースでいきなさい。季音くんのペースでね。」

って。確かにそうだよね。

季音の歩調に合わせて、私たちも一緒に進めばいいよね。
焦らず、ゆっくりと、着実に前に進めてればいいんだよねっ?


      季音・春

木曜日のテストについて、どんな結果だったか?
はたまた、どんなアドバイスがあったのか?!
ブログで報告したいと思います。待っててくださーい。

その時も笑顔で皆さんにお話しができるように・・・
マイペースでねっ!!!だよね。エイエイオー!!

牛乳を飲まないのですが・・・だいじょうぶでしょうか?

どこかの育児相談みたいになってますけど↑
タイトルの通りでございます。

うちの子、牛乳を飲んでくれませーん。涙。

どなたか?
良いアイデアはないでしょうか~?

お友達の子どもは、割とスンナリ 母乳→牛乳に切り替わったしー
他の友達の子も牛乳大好きっこで、グビグビ飲んでいるしなぁ。。。

なぜゆえに我が子は牛乳ギライ???

1歳になると、母乳やミルクから牛乳に替えることが普通ですが
お誕生日を迎えて、いきなりスパッ!と替えるよりも
徐々に牛乳を与えて慣れさせよう!ってことで。

離乳食時代から牛乳を使ったお料理もしていたし
1歳になる数週間前から牛乳を少しずつ与えていたのです。

なのに、なのに、なのにぃ~。

だからね。
あげる方法を変えてみたんですよ、いちお。

牛乳をレンジで少しあたためる、牛乳の種類を変える、
シッピーカップを変える、飲ませようと強制しない、飲んだら褒める、
喉が渇いたら牛乳しか与えない・・・などなど。。。


     ミルク

それでも、最高に飲んでも1日、6oz(180cc)!!
少なっ。

っで、職場に2人のBoysを育てた先輩ママがいるので
彼女に相談したところ、「Soy milkはどうかしら?」って。

豆乳かぁ・・・。

私が豆乳苦手なんだよなぁ。
って、音くんには関係ないか。

それっていいアイデアかも?

ってことで、豆乳を買いに行こう!っと思ってた矢先に
なんともグッドタイミングで音くんの1歳健診があったのです。

さっそく、Drに相談してみたのですが。

豆乳よりも、Whole milkが断然に良いので
そっちをあげてくださいね!だって。

そして。

Drからは、厳しく
「ジュースはきっぱりやめることっ!」
ですって。

はぁ、これには大反省だわ。。。
2~3日に1回、100%リンゴジュースを10倍くらいに薄めて
あげていたのですが、それがよくなかったみたい・・・。トホホ
  
ってことで、昨日より
我が家からジュースは追放!

しかも、Drから2ヶ月前からあまり体重が増えていないので
牛乳をたくさん飲ませて、大きく育てようね~って言われちゃった。

音くん、1歳なのにまだ19lb11oz(およそ8.8kg)
しかないのですよ。発育曲線では、下のラインをはいつくばり状態。

この時期の子どもはね、脳と神経系の発達のために牛乳を
1日22~28oz(660~840cc)は飲まなきゃいけないからサ
ちょっとしたプレッシャーなんだよなぁ、ママとしては。

牛乳を飲まないせいで音くんの脳が
ちゃんと育たなかったらどうしよ~ぅ???

・・・って、へこたれてはいけませぬ。

これから、少しずつ量は増えるよね?!
6ozから7oz・・・10oz・・・っと。
って期待しよう。

音くんが牛乳を飲むと、夫が大げさなくらい褒めちぎるのですが
この”褒め褒め大作戦”は意外と効いているのかも?な。

がんばろ~っと☆

あっ、どなたかグッドアイデアがあったら
是非教えてくださいませね~っ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。