Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかちゃんのホクロ。

ブログを更新しない間にも2人の息子たちは
スクスクと成長中でございます。

いろいろとupしたい写真が山ほどあるのですが。。。

今日は、ぱりすのホクロについて。
です。

写真を見て、ご存知な方もいらっしゃるかなと思いますが。
ぱりすの右腕には、黒い大きなほくろがあるんです。 

                            ggpp2.jpg 

                           ggpp3.jpg

ちなみに、左の手首には大きな蒙古班もあります。
蒙古班は、お尻にもあるけど成長と共に薄くなるので安心なんだけど。

ほくろはすごく心配!!!
じゃない?!

始めに、結論から言うとですね、
このほくろは、ただの生まれつきのホクロで
治療をしないといけないレベルではないとのことで。

お医者さんからだいじょうぶだよ~
っと言ってもらえたのですが。

それでも。
あかちゃんにこんな大きなほくろがあるのは普通じゃないし
今後、大きくなったり、ふくらんだりする可能性もあるため
今でもお家で様子観察をしている・・・という状態です。

しかしねぇ。

生まれてすぐにこのホクロを見つけたときには
すーっごく気になって、心配になって、なぜ我が子が?っと思って
出産後、3日入院した間に違う小児科医が毎日来てくれたんだけど
3人に同じ質問したもんね。「このホクロ、だいじょうぶですかー?」って。

お医者さんによると、たま~に、こういった大きなホクロをつけて
生まれてくる子はいるらしいから、珍しいことではないとのことでした。

だけど、やっぱりホクロがガン化して
皮膚がんになったらどうしよう?と心配をするのが親ってもの。

だから、10ヶ月健診でいつも診てもらっている小児科医から

「前よりホクロがちょっと大きくなった気がするなぁ。。。」

っと言われた日には、心臓がバクバクで
ぱりすになんかあったらどうしよー???って泣きそうになったもんね。

その健診後、お医者さんが知り合いの有名な
小児の皮膚科医を紹介してくれ、彼にぱりすのホクロを
見てもらったところ、今のところ何もモンダイはないヨ!と
言ってもらえたので安心したわけですが。

これから、体が大きくなるにつれてホクロも大きくなるかも?だし
それこそ、先生たちが言うように変な形になったり、膨らんでくる
可能性もあるから、毎日のホクロチェックは欠かせないです。

こ~んな小さなコトでここまで心配するか?!
って、自分で自分につっこみを入れたくなるけど
我が子の体や心の変化にはやっぱり敏感になるし
どうか、健康でいて欲しいって願うのが親だから仕方ないのかもね。

子どもの健康。

当たり前のことだけど、当たり前じゃない人が世の中にはたくさんいるから。
私もアンテナをピンピン張って、小さな変化を見逃さないようにしなくちゃっ。

スポンサーサイト

はじめました~っ♪



                             Ps nabe

この嬉しそうな顔~っ!!!

このキャビネットだけは、触られてもいいようなナベが入っているので
ロックはせずに、ぱりすが好きなだけ遊べるようになっております。

ぱりすも、キャビネットを開けて遊ぶようになるとはね~。
子どもって興味のあること、楽しいと思うことが同じなんだねぇ。

ぱりすは、季音と遊び方が似ているなぁって感じるけれど
たまに違うなぁーって思うこともでてきました。

最近は、スヌーピーやクマのぬいぐるみをスリスリして遊んだり
あかちゃんの写真を見ると、キスしようとしたり。

お兄ちゃんと同じで、車やトラックなどの乗り物も大好物ですが。。。
車を走らせながら一丁前に「ブーン、ブーン」とか言ってるしね。

それから、Chokoちゃんのことも大好き。
すきあらば、Chokoをナデナデしたり、スリスリしようとしているぱりす。
っで、嫌がられて逃げられるパターンね。

ぱりすもChokoを家族の一員として好きでいてくれるからヨカッタ~。
ワンコ好きなのは遺伝かなー???ナンテ。

最近のお気に入り♪



                                       PSCCafew.jpg

セサミストリートのキッチンカフェ。↑
ぱりすへの1歳のお誕生日プレゼント。

プレゼントはどうしようかな~?っと
ずっと考えていたんですけどね。

季音がキッチンセットのまな板とかお鍋、野菜たちを持ってるんだけど
それで遊ぶのが好きなぱりすなので、こういうキッチンみたいなのが
良いかな~?っと思い。狭いお部屋にはこのくらい小さなオモチャが最適~。

しかもね。
このおもちゃ、クッキーモンスターやエルモがお話しするのー。

「Me so hungry!!」とか
クッキー的な英語で。

ぱりすはこのキッチンカフェが大好きで
季音と一緒に毎日遊んでおりますよ~。

ちなみに、このオモチャはセールになっていて
30ドルくらいでした。安いのもいいよねぇ。

そして。
本が大好きなぱりすへエルモの絵本もプレゼント~。

                                  pScafecc.jpg

絵本の中にある小さな小窓を開けると
エルモがでてくるカラクリがあったりして。

ぱりすもセサミに囲まれて育っているので
クッキーやエルモが大好きです。

私もセサミストリートの本を読んで大きくなったから
親子二代にわたってセサミにお世話になるとは。。。

すごいなぁ。

くつ。

もうね、暖かくなったり、寒くなったり。。。とね。
コロコロころころ・・・ローラーコースター状態。

こうやって少しずつ春を迎えるのでしょうけど
ほんとに、ホッントに、寒いのだけはもう勘弁!!よ~。

今日は、肌寒いけど良い天気。
なので、モールへ行ってきましたよん。

ぱりすの初シューズを買うためにっ♪

最近は、5歩ほど歩くぱりすくん。
フラフラと、じみ~に練習中。

っで、この方。
クツはもちろん、クツシタも好きじゃないみたいで。

すぐに脱ぐのォ~。涙。

だから、H&Mでやっすい子ども用のクツを購入。
赤い車のイメージでね、目とタイヤがついてるクツ。
(お兄ちゃんが好きそうなデザインだな。)


               SpringPP.jpg

途中でスタバにて休憩をした時にね~ ↑
さっそくNewのクツをはかせてみたんだけども・・・

あっチュー間に脱がれました。

やっぱ、マジックテープ付きのカチっとした
お高めのクツを買うべきだったかなぁ?

私がはかせたり、脱がせたりをラクにしようと思って
ヒモもマジックもないクツにしたのがいけなかったのかもー。

でもでも。
コレをはいて、しっかり公園で歩いてもらわねばっ。
これからはどんどんお外で遊べる時期になるからねー。

そうそう。
写真の右端に写ってるピンクのペタンコ靴は私用。

H&Mで12ドルだった~♪
お色に一目ぼれしちゃったんだよね~。

春だからこんな色もステキじゃない?

今は、お洋服も春や夏に向けた
ワクワクするようなものがいっぱいだねっ!

しかし、ぱりすのクツ嫌い・・・
いつか慣れてくれるかしらん??ちょい心配~。

ぱりす、1歳になりました~♪

2014年3月15日。土曜日。晴れ。

我が家の次男、ぱりす・いぶきは1歳になりました☆

                                      parismil.jpg 



                          parichoko.jpg 

この1年、大きな病気や怪我もせず
健康に、ぱりすのペースですくすくと成長してくれたことに
ただただ感謝です。ぱりす、本当にどうもありがとう!!

元気であってくれさえすれば、他にはなにもいらない。
何も望まない。毎日、彼の笑顔を見れるだけで私は幸せです。

ただ、ぱりすのミドルネームは、3月生まれにちなんで
”いぶき”にしたのですが、名前のようにいつまでも
キラキラと輝いて、周りのお友達たちをもキラキラできるように
明るい、チャーミングな男の子になってくれたらいいかな?

それだけは希望。
日本の名前なだけにね。

いつまでもその愛らしい笑顔を忘れないでね~。
ダディ、ママ、お兄ちゃん、Choko、みんなあなたのことを
全力で愛しているから。大好きだよ~♪


                                 pariballo.jpg  



           paricake_20140318001837510.jpg  



   
               paritan.jpg

P.S
先日、11日に東日本大震災から3年が経ちました。

まだ3年なのか?もう3年なのか?

未だに仮設住宅で暮らしていらっしゃる方もいるし
放射能の影響があってお家を外出するのに制限がある方もいれば
見つからない家族やペットを探して苦しい想いをしていらっしゃる方もいます。

こんな遠くに住む日本人の1人である私に何ができるのか?
いつも切実な想いで考えます。

金銭的なお手伝いはもちろんなのですが
やっぱり、生かされている私が毎日毎日を精一杯生きること。

いつか、東北地方の方々が安心して笑顔で暮らせるように
いつまでも忘れないで、できることをできる範囲でやっていくことが
必要なのかな?って思います。

そして、我が子を力いっぱい抱きしめて、愛しているよって
伝えたかったであろう、犠牲になったお父さんやお母さんのためにも
私は、私の子どもたちをぎゅうって毎日抱きしめようと思います。

誰かの果たせなかった想いを
生きている私たちが達成させることも
もしかしたら供養の1つになるのかな?
なんて、勝手に思ってます。

もう涙はいらないよね。
全国の人がきっと、一生分くらい泣いたんだもん。

これからは、笑顔を1つでも増やしたいな~。
日本へ帰ったら、きっときっと東北へ遊びに行くからっ!

震災で失われた尊い、世界にたった1つだった
特別な1人1人へ、一匹一匹の命へ
心からお悔やみ申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。