Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまえTime

     kako-hXEXSwzy4wTtPUZS.jpg


ハイハイをするようになって以来
音くんがあまえたい時、眠たい時、人肌恋しい時(?)
抱っこしてぇ~!っと言わんばかりの表情と態度で
私にベタ~ってカンジで抱きついてくるようになりました。

そんな時は 抱っこして
「音くん、あまえTimeですね~?」
って、しっかりギュウっと抱きしめ
体中をさすってあげます。 ヨシヨシヨシ

そうしたら、泣くこともせず1人でスヤスヤ眠ってくれたり↑
機嫌が直って、また1人で楽しそうに遊びに戻る息子くん。

これは彼にとって、自分を安心させるために
必要なスキンシップとなっているのかな?なんて思います。

今はもうほとんど”抱っこ”をめぐって
夫とケンカすることはなくなりましたが

息子がまだ2~4ヶ月頃は、この”抱っこ”について
意見の食い違いで夫とは何度も言い合いをしました。

私は、”抱きぐせ最高!どんどん抱きぐせをつけようじゃ~ん!”派。
夫は、”抱きぐせはダメ!子どもはすぐに抱っこするもんじゃない!”派。

きっと、文化の違いもあるのかな。

アメリカでは、両親と子どもは別々の部屋で眠るのが基本。
親子が川の字になって寝る・・・なんて、もってのほか。
(コレが虐待と間違われる州もあるんですっけ?↑)

アメリカでは、あかちゃんの頃から独立する力を身につけるべき。
って、自分で眠る力を養うってコトが普通だと考えられているようです。

だから、たとえあかちゃんが1人でギャンギャン泣いていてもしばらくほっておく。
そのうち子どもがあきらめて泣き止むのを待つのがアメリカ流。

これが最初、私にはまーったく理解できなかったのです。

泣いたらすぐに抱っこして息子をあやす私を見て、夫は

「これを繰り返してたら、息子はいつでも親をコントロールできると信じるようになる。
大きくなったら親を尊敬しないで、自分が一番だと思うようになるかもしれない。」

って、”抱っこしちゃダメ。泣かせ続けなさい。”っと私に言う。

はぁ???
音くんはまだ2ヶ月ですよっ。
親をコントロール?甘やかしすぎ?
リスペクトしなくなる?ですって?!

バカじゃないの?このアメリカ人。。。  って。笑

私も自分を譲らず負けないから、夫婦間でよく衝突しました。
だから、音くんがまだ小さかった頃はケンカが多かったです。
(って、まだ息子は小さいですけどね。)

抱きぐせ。

人によっていろ~んな考えがあるでしょうし
それぞれの意見や見解は間違っていないと思います。

だけど、私が思うのは。

息子の長い人生・・・80年としても
私が母親として彼を抱っこできる期間って
80年のうちの何十時間にあたるんだろう?

そう思ったら、こうやって抱っこができる期間って
すっごくすっごく短い時間なんじゃないかな?っと。

人生の中で貴重な、ほんの一瞬の出来事であるような気がするのです。
私にとっても、息子にとっても・・・お互いね。

だから、抱きぐせ・・・ついてもいいじゃない?
抱っこして、息子が安心するのなら、落ち着くのなら
自分は愛されている、必要とされているって感じるのなら。

抱きぐせは良いんじゃないか。
 
そのうち大きくなったら、抱っこさせてよ!ってこっちがお願いしても
恥ずかしいからイヤ!って、断られるようになるんだろうし。笑

これが私の持論です。

っで、息子が8ヶ月になる最近。
抱っこしまくる私に、何も言わなくなった夫。

相変わらず、夫は息子の独立心を養うことが大切だと思っているけど
泣いたらあやしにいくし、抱っこは前よりはしているような???
私の考えをちょっとは理解してくれていたりして?!ネ。

とりあえず、夫婦喧嘩は減ったかな。 
ほっ。

1人で歩けるようになって、お友達と一緒に遊ぶようになったら
息子が私たちと一緒に過ごす時間は確実に短くなるんだろうな。

それまでの間、愛情表現の一つとして
抱っこはい~っぱい、いーっぱいしてあげようと思います。

今日も”あまえTime”
じっくり息子と一緒に楽しも~っと♪♪♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。