Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を飼うということ。

ぱりすが生まれて、2週間しか!経っていないのに
もうすでに、3ヵ月くらいを一緒に過ごしているような?
なんとも不思議な感覚。濃い毎日だわ、ホントに。

でも、2番目の男の子だから季音と同じだと思いきや
すでに表情や泣き方、飲みっぷりなどに個性があるなぁ、
兄弟でもまったく違うのね~っと、改めて感じています。

そして、かわいいっ♪
(親ばか丸出しですいません)

ウンコしても、ゲップしても、ブガーが出ていても。
2番目ってこんなにカワイイもの???

さて。
今日は久しぶりに犬のお話。

夫の高校時代からの友人の中に
同じく、ボストンテリアを飼っている人がいまして。

ボステリラバーズとして、時々夫は連絡を取っているのですが。
先日、夫の携帯へ彼からテキストが届き、その内容というのがね…

”どうしても新しい家へ引っ越さなくちゃならなくなった。
その家は、犬を飼ってはいけないルールになっている。
だから、ボクの犬をどうしたらよいか?わからなくて困っている。”

って。文章のニュアンスでは、夫に面倒を見てもらいたい
ようなことがそれとなく書いてあったらしいのですけどね。

だけど、彼は里親探しを真剣にはやっていないみたい。
どうにかなるだろう・・・そんな軽い気持ちっぽい様子。

私は、この話を聞いてすぐに
”こういう無責任な人は犬を飼わないでほしい。”
そう思いました。

もしも、私が彼の立場だったら
まず、犬を飼えないアパートへは絶対に引っ越さない。

今、この状況でChokoを手放す・・・
そんな家族を捨てるようなこと、私には決してできないもの。

それでも、経済的な理由などでどうしても
犬と生活できないのであれば、私が信頼できて
自分の犬を愛してくれる里親を本気で探します。

それが飼い主の責任だと思うし
動物の命の重さなんだと思います。

それなのに、夫の友人はどうも簡単に物事を考えているみたい。
家族の一員である犬とどんな想いで今まで過ごしてきたのか!?
私には彼の行動に理解不能です。

ペットだから、必要なくなれば捨てちゃえってコト?
犬なんだから心はない、忘れちゃうから何しても平気ってコト?

犬も人間と同じで心はあるし(むしろ、人間より心は広くて深いかも)
私たちと同じように、傷ついたり、悲しい気持ちになったりするんだよ。

それを彼はどう思っているんだろう?

もしも、ぱりすが生まれていなかったら
私たちが彼の犬の里親になることを考えただろうけど
今は、新生児のお世話で手一杯な状況。

それに、Chokoや季音と相手のワンコとの相性もあるだろうし
スッカリ成犬になったボステリを飼うことにだって
経験のない私たち夫婦がお世話をする自信はないから
まずは、そういう飼い方の勉強だってしなきゃいけないし。

申し訳ないけど、今は犬の里親になることは難しい。。。

彼の犬はシェルターへ行くのかな?って、イヤな予感がするんだけど
ホントになんだか切なくなってしまいます。涙が出そう。

どうか、どうか、彼のワンコに優しい飼い主さんが見つかりますように。
そして、新しい家族と一緒に、二度と引っ越したりすることなく
幸せな生活が送れますように・・・と、願うことしか私にはできないなー。

私は、Chokoをブリーダーさんに譲っていただいた時に
彼女のことを責任持って、大切に育てることを約束しました。

何があってもずっと、ずっと一緒だよ~って
いつもそばにいてねってChokoに話しかけるほど。

季音が生まれた時も感じたように、ぱりすが生まれた今回も
Chokoのことを前よりもっともっとカワイイと思うし、
彼女が愛おしくってたまらないのです、私。

だから、何が起こったとしても、
一生私たち家族の一員だし、一緒に過ごしていきます。

って、なんだか産後大量に放出されるホルモンの関係で
感情的というか、泣きやすくなっているので
今回はこんな話になってしまってごめんなさい~。


☆今日の写真☆
黄疸が出ていた時に、Drから”日光に当てると良いよ~”
と言われたので、少しだけ光線療法中のぱりすくん。↓
(顔面…目に当てすぎだったかも?!)

もちろん、カメラ目線なChokoちゃんも一緒に。


            Lilmomma13.jpg

Chokoは、私たち家族にとって、かけがえのない大切な存在。
いつもありがとうね~♪愛しているよー☆

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。