Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事

夜勤を始めてから、怒涛の1週間が終了し・・・

ほっ。と、ひと息。

病棟での勤務は、私が想像していたよりも
リラックスした雰囲気の中、ゆったりと時間は流れました。

12時間勤務を週に3日。
なかなか良いかも~?
あとは”慣れ”ですねっ。

さて。
私の夜勤の仕事内容ですが。

バイタルサイン(体温・血圧・脈・呼吸などなど)のチェック
どれだけ水分を取ったか?どれだけ体から水分が出たか?のチェック
トイレ介助、汚れたシーツの交換、キャセター(おしっこの管)の挿入&管理
患者さんやご家族のナースコールに応える・・・などなど。

患者さんにお薬を配ることができないくらいで
たいてい、なんでもやっちゃうのがCNAの仕事かな?っと思います。
(病院の方針にもよりますけどね。)

それにしても。
入院している患者さん。
日本とはまったく雰囲気が違います。

まず、ほぼどの患者さんも自分のことは自分でできます。
転倒する危険のある方は、介助が必要な場合もありますが。

うちの病棟では、平均入院日数は1週間。
翌日に仕事へ行ったら、前の日に担当していた患者さんは
すでに退院していない…ってコトもよくあります。

彼らの生活の基本は、”お家”なのですね。

がんの治療をしていても、最期まで病院で過ごすのではなく
大切な家族と過ごせるお家でケアを受けることが前提なのです。

病院は、chemotherapy(抗がん剤による治療法)
を受けるために泊まる施設として利用されています。

もしくは、抗がん剤の治療目的か、痛みや薬の副作用によって
体がしんどい状態になった時、一時的に入院するだけのもの。

私たちが患者さんとの信頼関係を築く間もないくらい
あっという間に病棟のベッドは入れ替わるのです。
(個人の持ってる保険にもよるのかも?ですけど。)

それから。
アメリカって、日本の病院で感じる病院独特なあの変なニオイがないのです。
CA州で働いてた時も同じでしたが、どこの病院へ行っても病棟は無臭です。

不思議というか?なんというか。
ホテルのような?清潔感すら感じますし。

私は、日本のあの慢性病棟でにおうニオイがあまり好きじゃないです。
母を看病した経験からくるトラウマかもしれませんが。。。

とにかく、そこは良いとこかな?っと思います。

そして。
3人の患者さんに対して、1人のナース。
9人の患者さんに対して、1人のCNAが担当します。

患者さんにとっては、かなり濃いケアがナースから受けられるんじゃないかな。
ナースが忙しそうに走り回ってて、声をかけるのも申し訳ない・・・って状況も
これなら防げますし。ナースは落ち着いて、ゆっくり患者さんに向き合えますから。

それから。
私が重要だと感じていた、ナースと一緒に働くという職場環境。

コレ、思った以上によろしいです。
お互い、常に声をかけあって働くし
できないことは頼み、できることは手伝う。

チームで働いているなぁってのをいつも感じます。
これは本当に心強いです。

ナースから教えてもらうことも多いですしねっ。

そしてなにより。
患者さんとご家族から教わり、学ぶことの多い日々です。

そうそう。担当した患者さんたち。
私が日本出身だということを知ると、すぐに

「地震や放射能はどう?ご家族やお友達はだいじょうぶなの?大変だよね。」

って、地震のこと、日本のみんなのコトを心配してくれるのです。

患者さん自身も抗がん剤治療で体がきつくて大変なはずなのに
日本のコトを自分たちのことのように、心配してくれているんですよね。
そして、heartbreakingだよねって、一緒に悲しんでくれる。

こういう、思いがけない人のあったかさに触れ
私はとってもとっても感動しました。

「ご心配ありがとうございます。日本は少しずつ復興していますよ。」

そう応えるのが精一杯でした。 ウルウルウル…

日本のこと、世界中のみんなが心配しているよ、忘れていないよ、
いつも一緒だからねって、患者さんに励まされているような気持ちになりました。

そして最後に。
私が一番心配していた言葉の問題ですけども。
患者さんの英語が聞き取れなかったらどうしよう?
私の話す英語が通じなかったらヤバイよねぇ…

深刻に考えていたわりに、今のところ何の問題もなくやりこなせております。
もうちょっと自分に自信を持っても良いのかも?っとか思ったりして。

今後も聞くことをおそれない、知らないコトを恥ずかしいと思わない、
バカなことだと思わないで質問すること!を肝に銘じてがんばるゾ~☆
っと、気合いを入れて患者さんの待つ病棟へ向かおうと思いますー♪

Comment

Noahママ says... "こんばんは"
病院の仕事って体力的に大変な仕事だと元看護婦の友人から聞いていましたが、やりがいのある仕事だなってずっと思っていました。周りの同僚も助け合いのようで本当良かったですね。それにしても、音君のプッシュアップ、笑えましたー。違うブロガーの方も同じような写真を前に載せていましたけど、赤ちゃんでプシュアップできちゃうのすごいですねー。Noahもできたらいいのに。仕事から帰って来た時の息子ちゃんの笑顔ががんばるエネルギーになるの、私も一緒なのでよくわかります。やなことも疲れも忘れますよね。
2011.04.18 20:57 | URL | #qeyC/0oc [edit]
Luv says... "Noahママさんへ♪"
Noahママさん、コメントありがとうございます~。
そうですねぇ、ナースは体力的にキツイ・・・特に、日本のナースはなんでもかんでも
やらなきゃいけないのでシンドイと思います。アメリカのナースは役割分担が上手に
できているので(責任は大きいですが)日本のナースとはかなり違った雰囲気ですよー。

息子の腕立て。他にもするベビちゃんがいると知って安心しました!
ハイハイする前兆なのかなぁ?しかし、仕事の後に見る子どもの笑顔は格別ですよね!
今後は抱きついてきてくれたりするのかな?とか今頃から楽しみにしてます。笑
2011.04.19 10:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://luvubetter.blog12.fc2.com/tb.php/188-8d2d47fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。