Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live, Laugh, Love。

今日は、久しぶりにお仕事のお話。

勤務先である、血液系のがん病棟。
私は日本でも働いていたことはあるのですが
白血病などの患者さんを受け持つことは初めての経験です。

だから、それぞれの病気の症状や薬の効果・副作用についてはもちろん
患者さんの状態や予後についても勉強になることが多い毎日です。

これ、ナースにとっては当たり前な知識かも?ですが。
(私が無知で経験不足なだけかしらん?っというカンジですが。)

最近、うちの病棟で特に多い患者さん。

白血病を発症された方たちなのですが
既往歴に”乳がん”のある人が多い!ってこと。

もちろん、これは女性限定なのですけども
男性患者さんだと"肺・喉頭・直腸がん”など、既往歴のある方も多いです。

ってことは、彼らは以前、なんらかのがんの治療をした後、
その抗がん剤や放射線治療の結果…白血病になったというケース。

本当に悲しいです。

抗がん剤の副作用には、吐き気など消化器系に与える症状は有名ですが
骨髄の働きを抑制する作用もあって、それがどういう仕組みになるのか?
不明なのだけど、白血病が新たに出現する副作用?もあるってことらしい。

苦しかった乳がんの治療に耐え、やっと克服できた!
これからまた新しい生活を始めるんだ!と思った矢先に
次は、白血病だと診断される。

こんな話、私は日本で聞いたことがなかっただけに
最初はものすごくショックで、ただただ言葉を失いました。

悲しいこと、つらいことがあると、必ず私は

”Everything happens for a reason.”

何が起こったとしても、すべてには理由がある。
何ごとも理由があるから起きるのだ。
だから、下を向かずに、前を向いて歩こう。

そう、考えるようにしているのですが
こういう患者さんに出会うと、”理由なんてない。
そんなものは必要ない。”そう思ってしまいます。

でもね、この患者さんたち、本当に強い精神の持ち主ばかりなの。
過去にいくつものがんと闘ってきている彼らだから
お部屋に行っても悲壮感はないし、逆に私は元気をもらうほど。

この前は、乳がん→両乳房切除→白血病の患者さんと
”男の子育児トーク”で1時間近くもおしゃべりしちゃった。

彼女は、30歳になる1人息子さんを育て上げたママ。
やっぱ先輩ママはすごいなぁ!って感心することしきり。

「今はしんどいかもしれないけど、とにかく今は辛抱の時期よ!!
今、しっかり愛してあげたら、10代になった時にとっても良い子どもになるの。」

って。あなたの今の気持ちはすごくよくわかる、私も若い頃は同じだったわ、
そう言って、彼女に気持ちを理解してもらえただけで私は救われた気がしました。

私が彼女と同じ立場だったら、同じことを他の人に言えるだろうか?
誰かを励ましたり、笑顔で優しい言葉をかけてあげられるのかな?
そんなことを彼女と話した後にふっと考えてしまいました。

今の病棟では、”人としてあるべき姿”っていうのかなぁ、
こういう人間になりたい、こんな風に私も誰かに優しくしたい
そんなことを日々学ぶ場所になっています。

だから、患者さんにはいつも心の底から
”ありがとう”の気持ちでいっぱい。

私は彼らが残してくれた、形には見えないけれど
私の心に残してくれたもの、ずっとずっと大切に守っていくよ。

私の子どもにもしっかり伝えていくから。
どうか、お空の上から見守っていてね。

Live every moment,
Laugh every day,
Love beyond words.

     flower-laugh-live-love-wall-Favim_com-312519.jpg

こういう目に見えないことが
一番重要なんじゃないかな?なんて思う。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://luvubetter.blog12.fc2.com/tb.php/313-93ba9536
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。