Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Douching!って何???

初期流産の危険でしばらくは安静にしてよ~
ってERのDrから言われた時のことですが。

ERを去る前に一枚の紙切れを渡されまして
自宅で過ごす上での注意事項がいくつか書いてありました。

Rest until the pain and bleeding stop.
痛みと出血が治まるまでは安静にしておくこと。

Avoid sexual intercourse for the next 3 weeks.
3週間は性行為を避けること。
(夫は3週間なんて長すぎる!なんてブツブツ言ってましたが…我慢してくれてます)

③Do not use tampons.
タンポンは使わないこと。

④Do not Douche!!
ドゥーシェはしたらいけません!


病院でしつこく言われたのがこの”Douching”について。

なんなの?コレ
時々、医学関係の本で読むんですよねぇ、コレ。
でも、詳しく理解できてなかったんです、私。

英和辞書を引くと、”灌水療法”
ムムム。。。なんじゃコレ~?

もしくは、”膣洗浄”なーんて言葉が辞書に出てきました。
膣を洗浄?自分でするのか?何のために?妊娠中になんでするのぉ?オェッ!
やっぱなんだか理解不能。それとも、アメリカには何か特別な妊婦療法があるのか?!

じゃぁ、キングオブ雑学の夫に聞いてみようと質問してみましたが
彼の説明はどうも具体的じゃなくて納得いかない。
アメリカ人でも説明の難しい単語ってあるのねー。

ってことで、病院のRN(正看護師)に直接聞きました。

「良い質問をしてくれて嬉しいわ~っ!
コレって文化の違いなのよねぇ。日本ではほとんどしていないハズ。」

RNはなぜか超ご機嫌で説明してくれました。笑
 
簡単に説明すると、Doucheとは
生理後など、膣の中にアプリケーターと酢(リキッド系)を一緒につっこんで
膣をガンガン洗っちゃう。。。ってことでした。

多い人は週に1回は洗うらしく、中には香水などのいい香りがついたものを
膣の中に入れちゃう人もいるのだとか?

おぇぇェ~~ッ!!!

あからさまにイヤ~な顔をした私を見たRNが

「ハハハ。アメリカではよく聞く話なのよ。アナタは知る必要もないんだけど~。」

なんて笑っています。ワタシ、笑えない・・・きもい。

ありえない。グロースすぎる!と思いませんか?
日本でもしもやっている方がいらっしゃったらゴメンナサイ。
でも、私には”酢”でまず洗うことが怖いー。(酢って臭いのでは?)

RNによると、アメリカでは特に多くの黒人女性が昔から行うことが有名で
生理の後は膣が汚れているし、臭うので洗ってキレイにしよう!って発想なのだとか。

いやいやいや・・・全然キレイにならないでしょ?

って言うか、感染症起こしますよ。きっと。細菌が大切な場所に入っちゃうじゃん?
しかも、膣の中って本来あるべきな常在菌が住んでいるハズ。
あるべき菌を人工的になくすことにつながるし、それは抵抗力を弱めるのでは?

しかも、膣はあかちゃんが通る産道ですよー。神聖な場所であるべきでしょっ?
それに、膣って自分でキレイにする力があるからホントは汚い場所ではないよね?

妊娠初期にそんなことしたら流産しやすいに決まってるじゃーん。
そんなあかちゃんを苦しめること、アメリカ人のママたちは知らずにやっちゃうのか?
なんにしても恐ろしい~。  イロイロ考えてしまいました、ワタシ。

RNが言ってました。

「Doucheはアメリカの古い文化の一つでもあるの。若い人はしない傾向にあるわ。
病院では、Highly discouraged!!で絶対にダメダメ~!って教育しているから。」

なるほど・・・教育ですね。ほんと、その通りです。
すでに存在している文化(ーと呼べるのかもわかんないけど)
を今さら否定しても仕方ないので、今後は”体に良いことないからやめましょうね!”
って、タバコみたいなカンジで若いママたちに啓発していけば良いわけか。。。

でも、膣が汚いもの、けがれたもの・・・と勘違いしている人は意外と多いのかも?!
すでに20年以上も生理と付き合ってきてる私ですけどー
生理が起こる仕組み自体を汚いコトだなんて感じたこと今までないけどなぁ~。私だけ?

ってことで、今回はDoucheを理解できたわけですが
アメリカで生活する上でイロイロ気をつけなきゃいけないこと
知らない単語、医療専門用語・・・あるなぁーって、改めて感じました。

あと、何でも恥ずかしがらずに聞く!納得いくまで説明してもらう!
コレはアメリカでは当たり前なので、病院スタッフをフルに活用して
他にも疑問なコトはどんどん質問しようって思います。

アメリカで妊婦になると、度胸がつくって言うけど・・・ホントだね。
しかし、しつこいけど・・・自分で膣だけは洗いたくない~。怖すぎるぅ

Comment

りんご says... ""
Do not Douche!!
を見たときに、英語はわかんないけど、
『あぁきっと膣洗浄だ』って思いました♡(。→ˇ艸←)

確かに膣洗浄は特に初期の段階では禁止~ってなってますね・・・(っ・ω・;A
日本でも普通に情報として書かれていたりするから、やる人はやるのかなー・・

私はそんなことしようとおもったこともないですけどね♡(。→ˇ艸←)

やっぱり常在菌がいなくなるのは危険です・・
外から入ってきた雑菌は、ごく普通であれば免疫システムが働いて殺してくれたりしますもんね~
無菌という状態は安全なように見えて、
それに慣れてしまうと抵抗力がなくなってしまうので、ね(´・ω・`)

妊婦になると、
普段気にしなかった事に目が向くし、
日々新しい発見があって面白いですよね~

友人いわく、
『妊婦の時が一番精神的に穏やかだった』
って・・・・・(っ・ω・;A

辛いときもありますが、
一生で何回も味わえないことなので、
楽しんでいきたいものですね(*ノωノ)
2010.01.30 10:33 | URL | #- [edit]
Luv says... "りんごさんへ♪"
りんごさん、すごいですねぇ~。ご存知でだったんですね!!
って言うか、私が無知なだけのような気がしてきました・・・。汗。
皆さん知ってる知識なのでしょうか?!

実は、我が家の夫のお母さんも若い頃はされていたようで。
彼が小さい時、トイレに入ると酢のツーンとした臭いにおいと
アプリケーターを見ることがあり、コレは何に使うんだろう?
って疑問に思ってたそうです。今、やっとお母さんが何をやってたか?
わかったよー!って言ってました。。。なんてこった・・・。

確かに、人生で妊婦である時期ってほんのわずかな期間ですよね。
できるだけ楽しまなくちゃ!と思うのですが、オェオェで喉が痛い時なんて
もういいー、もう妊娠終了!なんて弱音を吐く私です・・・。

今だけ、子どもが成長している証拠だと割り切って
明るく毎日を過ごさなきゃいけないですね~。
2010.01.31 16:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://luvubetter.blog12.fc2.com/tb.php/4-62d0cf07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。