Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる。

3月11日。
2年が経ちました。

被災地の方からしたら、もう2年?まだ2年?やっと2年?
どんな気持ちで過ごされた月日だったのかなぁ?って。

自分の命より大切に想っていた、愛する誰かを
亡くされた方や、今でも見つからない家族を探して
あきらめきれない想いを持ってる方、ペットとの別れを経験した方、
今もなお、様々な想いを抱えて暮らしていらっしゃるんだろうな。

奇跡的に助かったけど、その後にさらなる不幸が待ち受けていたり
生き残ったことに対する罪悪感だとか。精神的なストレスは計り知れない
と想像します。

この前、日本のTVを観ていたら被災地でボランティアを
している芸能人の姿がうつっていて。

彼女は全部自費で、思い立った時に被災地を訪れるのだそう。
主な目的は、震災で親を失った子どもたちへの支援。

VTRを観ているだけで、涙が止まらなくなりました。

被災地のキラキラした目をした子どもたちを見ていたら
ギュウって抱きしめてあげたくなって、どうかこの子たちの将来も
キラキラしたものとなりますように…祈らずにはいられなくなって。

よしっ、私もこんな遠いところからだけど
ほんの微々たるモノになるけど、ボランティアしたいな、と。

番組の中で、”できる人が、できる時に、できることだけやればいい。”
っと言われていたから、私も無理しない程度にできることだけ
小さなことをやらせてもらいたいなって思います。

まずは、募金から。

そして、もちろん。
私たちは、世界中のみんなが応援していること、
東北の皆さんに伝えていかなくっちゃ。

忘れないよ、いつも心は一緒だよって。

うちの病棟の患者さんも、私が日本人だと知ったら
必ずと言っていいほど、この震災の話をして
つらかったよねって、一緒に悲しんでくれます。

2年経った今もなお、世界中の皆が日本を応援しているから。

東北の皆さんの元気パワーがさらに増えますように。
1人でも多くの人に笑顔が戻りますように。。。



2years.jpg

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://luvubetter.blog12.fc2.com/tb.php/413-69e5d7d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。