Luv U Better

南部ラブな夫&長男・季音&次男・ぱりす&ボステリChoko&看護助手としてがん病棟で働く私、そんな5人家族のブログ☆

スポンサーサイト

Posted by Luv

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Friends are Forever.

ラッキーなことに、季音は以前通っていたデイケアで
とっても素敵なお友達たちに恵まれました。

新しい学校へ通ってからも彼らのお誕生日会へ招待されたり
週末は、一緒にプレイデートをしたり・・・と、未だに交流が続いているんです。

大親友なJudeくんとEmmaちゃん。

                                  banda4.jpg

ちなみに、Emmaちゃんのパパはフランス人でママはアメリカ人。
Judeくんのママはガーナ人でパパは白人さん。

実は、このEmmaちゃん家族。
来月には他州へお引越しをするのだそう。

去る前にもう1回会えたらいいなぁ。

                    banda1.jpg 

          banda2.jpg

          banda3.jpg

この日は、天気が良かったので
公園のプレイグラウンドで遊びました。

子どもたちの食べるポップコーンを狙う犬一匹・・・。
アタシにもくれ~!くれ~!的な見つめよう。 ↑

そうだ。
季音の左目の横にヘンテコリンな絆創膏が貼ってありますけど
何もケガとかしてないのよ。後頭部にも絆創膏がもう1枚あるんだけど。

前日に、チェリーブラッサムフェスティバルとやらへ連れて行った時に
水たまりですっ転んで頭を打ち、タンコブができたから「絆創膏がいるの~!」
と本人曰く。まったく意味不明。擦り傷さえしてないのに。さすが3歳児よね。

ところで。

季音は、前の学校でも今の学校でもたくさんお友達ができて
仲良く遊べているから親としては本当に嬉しい限りなんだけども
それはやっぱり季音の持つユニークさなのか?キャラなのか?
まったく幸せな子どもだと思います。

っで、思い出したんだけれども。

まだ、季音がデイケアに通う前だから1歳半とか2歳くらいかなぁ?
その頃一緒に遊んでいたママ友にね、こう言われたの。

「季音には、近所のアメリカ人の友達が必要だから
アナタががんばって友達作りをして、季音を遊ばせなきゃだめよー。」

と。私がイヤでも、我慢してアメリカ人のサークルへ入りなさいよ、と。
そうじゃなきゃ、季音がかわいそうだよーと。

えーーーっ?!
そうなの~???

当時、もちろん今と同じで12時間夜勤を3日連続で働いていて
それでも、外で走り回りたい、お友達と遊びたい季音を連れて
夜勤明けでもがんばって公園やプレイグラウンドへ行って
週に4日くらいは遊ばせていたんですけどね。

その日、その日で公園へ来る子どもは違うし、出会う子どもの年齢
も変わるんだけど、それでも季音はいろんな子どもと自由に遊んでいて。
季音はとっても楽しそうだったから、これでいいんだよね~って
私は自分で思っていたんだけど。ママ友から、それじゃダメだよっと。

親が子どもの友達を作ってあげるの?
公園で出会う子どもたちじゃ、不十分なの?

本当に疑問で。
私は、アメリカ人のママ友を無理矢理でも作って
そこで子どもたちを遊ばせなきゃダメなの~?と。

他のママもそうしているのかなー?
日本のママも親同士の付き合いは苦手で苦痛だけど
子どものためだからって子どもたちを遊ばせているのォ?

当時、それを言われてカナリ自分を責めたよ~、私。
私が働いているから季音の友達が少ないんだ。
私が社交性のない、かわいそうな子どもに育てているのか、って。

ダメな母親、働く母親はサイテイだ!
くらいに思ったよ。悲しかったしねぇ。

だけどね。
違ったよ。

全然違ったの。

子どもってね、ちゃんと自分で友達を見つけてくるよ。

親に友達を作る環境を作ってもらわなくてもね
ちゃんと、ちゃんと自分と気が合う、仲良しさんとお友達になれるの。

季音を見ていて、つくづく思うよ。
がんばらなくても、上手に自然とお友達を作っているなぁって。

デイケア以外でもね、公園やファーストフード店のプレイグラウンドでも
子どもたちを見ると、すぐに「ママ!お友達と遊んでくるね~!」って
すぐに私の手から離れ、まったく知らない出会ったばかりの子どもたちと
キャッキャ、キャッキャ言ってるからね。すごいなぁ~って思うもん。

それが子どもなんだと思う。

子どもには、子どもの世界があるから。
自分も子どもの時、そうだったしね。

もちろん、親が子どものお友達を作れるような環境を整える、
きっかけ作りをするのは間違っていないとは思うけれど。

それは、私と季音には合っていないってことかな。

私には私が遊びたいと思う友達がいて
季音には季音が作った友達がいて。

それでいいのよね。

友達を作るって、全然がんばることじゃないし
無理に、我慢してまで作るほどなことじゃないと思うけどな。

1人だっていいじゃん!
極論だけど~。笑

1人大好きだからなぁ、私。
はは。

あ~、なんだかメチャメチャ長くなりましたが。
読んでくれてありがとうございます。

とりあえず。
季音と一緒に私も親として育ててもらっているし
いろんなコトを学んでおります。季音のお友達のおかげで
たくさんのパパやママともお知り合いになれて楽しいことも増えたしねぇ。

季音には、今いる大切なかけがえのないお友達を
大事にして欲しいなぁ。友達って素敵な宝物だから。

EmmaちゃんとJudeくん、これからも仲良ししてね。
季音にとって、スペシャルな存在でいてくれて本当にありがとう♪
    

                cbsjd  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://luvubetter.blog12.fc2.com/tb.php/539-904e6465
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。